念には念を入れたA看板の風対策

A型看板を使用するには「風対策」が必須です。

看板本体だけですと、ちょっとした風ですぐ倒れてしまいます。

A型看板のみ

そのため、このような「重しベース」を看板の脚に引っかけて、

A型看板にベースを置いた状態

その上に「重し」を乗せます。

A型看板にベースを置いてその上に重し

この状態で、台風を2回乗り切ったという話もお聞きしました。

(*当店では台風はもちろん、強風が予想される時は、看板の撤去をお願いしております。)

A看板を常設したいけど、絶対に風で飛ばされないようにしてほしい

あるお客様から「取引先の軒先を借りて、A型看板を常設したい。看板が飛んだり、倒れたりしてしまうと、取引先に大きな迷惑がかかるため、絶対に飛ばされないようにしたい」何かいい方法がないか?と問合せがありました。

この場合、最悪の事態は、看板が倒れることではなくて、看板が飛ばされて、周囲の人・物にぶつかってしまうことです。

看板が倒れて傷つくくらいは大きな問題ではありません。看板が飛ばされてしまうことを防がなければいけません。

最初は重りを足す方向で考えていたのですが、重りをいくら足しても、何らかの原因で重りが重りベースから落ちていては結局役に立たないことが分かりました。

そこで、看板本体、重り、重りベースを一体化させればよいと、思いつきました。(大した発明でもありませんけど・・・)

下の写真のように、看板本体と重り、重りベースを荷造用のベルトで縛り、一体化しました。

A型看板にベースを置いてその上に重し

この状態であれば、仮に看板が倒れてしまっても、重しにつながっているので、飛ばされることはちょっと考えられません。

竜巻のような、車でも飛ばされるような状況は別として、A看板の風対策、転倒防止策としては、万全だと思います。

A看板を、無人で、常設に近い形で使用される際は、参考にしてください。

その他A型看板活用方法と補足情報

こちらもおすすめです

4,900 

スタンド型の案内看板。A4,A3サイズ。組立式。店先や事務所受付などで。

3,400 

屋内用のポスターフレーム。アルミ製。A1サイズのポスターの差し替え簡単。ポスター印刷

10,840 

フライングバナー。スウィングバナー。屋外でのスポーツ系イベントにおすすめ。

14,050 

軽量2秒で開く屋外用バナースタンド。スポーツとイベントに。スウィングバナーもおすすめ。

6,930 

軽量・大型の屋外看板。ターポリンに印刷したバナーを、マジックテープでアルミフレームに取り付け。

8,800 

お店の前の定番のA型看板。3サイズ。両面。風対策用重しあり。セットがお得なA看板