バックボード(バックパネル)の隙間を目立たなくする方法

バックボード(バックパネル)の印刷は、2Mは3枚、3Mは4枚に分割して印刷します。 それぞれの横幅は以下の通りですので、この1枚の中でデザインを完結させていただくと、切れ目が目立ちにくくなります。(注意:サイドありの場合は、ボードの全面は全て横724mmになります。)

バックボード(バックパネル)2Mの場合

バックボード2Mのサイズ詳細

バックボード(バックパネル)3Mの場合

バックボード3Mのサイズ詳細

例えば市松模様・格子状のデザインにする場合、1 マスのサイズを調整して、以下の例では①②③の合計で 737mm、④⑤⑥の合計で 724mm になるようにしてください。

バックボード3Mのサイズ調整詳細

全てのマスの横幅を同じにしようとすると、デザインが難しくなってしまいます。

隣り合うマスの横幅が1-2mmくらい異なっても全くわかりません。無理に同じマス幅にしようとせず、一枡のサイズを変えて調整されることをおすすめします。(5mmくらい違っても大丈夫です)

上の例は市松模様デザインの一例です。一つのマスのサイズに制限があるわけではありません。

ただし、このような形のデザインで入稿していただいても、隙間が完全に見えなくなるわけではありませんのでご了承下さい。

隙間を目立たなくする方法でデータを制作された場合、データの入稿は分割した状態でお願いします。

バックボード(バックパネル)の関連リンク

こちらもおすすめです

13,800 

軽量で2秒で開くディスプレイ。スポーツやイベントで活躍。スウィングバナーが一緒にある盛り上がります!

51,100 

ポップアップタイプのバックボード。設置収納が簡単タイプ。

13,400 

スルスルっと3秒で設置できるディスプレイ。3台並べて簡易バックボード・バックパネルとしても可

59,800 

イベント、展示会、記者発表などのバックパネル。幅2Mから6.5Mまで。