ユーモアは文体ではなく中身に宿る

Pocket

雑誌で見かけたゴルフクラブのタイトルです。

 

 

(よくあるタイトル)
飛びすぎちゃって、困っちゃう~!

 

 

このタイトルを作った人は、おそらくユーモアのあるタイトルを狙っていると思います。
しかし、それはあんまり成功していないように感じます。

 

 

なぜなら、口調や文体をいじっただけではユーモアとは呼べないからです。

 

 

ユーモアは、奇をてらった文体ではなく、普通の文体でも思わず笑ってしまうような表現のことを指します。

ちなみに、このタイトルを普通の言い方にすると「飛びすぎて困る」です。ユーモアは皆無ですね。

 

 

(売れるタイトル)
隣のコースのグリーンに、ワンオンした。

 

 

このように、普通の文体であってもユーモアのあるタイトルにすることができます。

こちらもおすすめです

コメントする