その商品を使う人のことを深く考える

Pocket

新聞広告で見かけたサプリメントのタイトルです。

 

 

(よくあるタイトル)

 

内臓脂肪を「ラクトフェリン」で減らす

 

 

「ラクトフェリン」は、内臓脂肪が減ることが臨床実験で確認された商品です。
ですので、このタイトルになんら間違いはありませんが、あまり面白みが無いためスルーされる可能性が高いと思います。

 

 

面白みというのは、その商品を使う人にどれだけ寄り添っているか?ということです。
たとえば、この商品の場合、「太っていて内臓脂肪がある人」だけではなく、「内臓脂肪を落としたいけれど運動不足の人」や、「ダイエットをしているけど内臓脂肪が落ちない人」なども当てはまるはずです。

 

 

(売れるタイトル)

 

運動不足でも、内臓脂肪を落とせる

 

 

このように、タイトルは広く浅くカバーするのではなくて、ターゲット個人個人の事情により踏み込んで表現したほうが、具体的になり響くタイトルができるでしょう。

こちらもおすすめです

コメントする