A看板の風対策としての注水型重し

A型看板用の重しは注水型(プラスチック製)。満タンで約20kgの重しに。A看板の風対策、転倒防止には必須です。

A型看板用の重しベース

A看板に重りを置くための「ベース」は別売りとなっております。「ベース」がないと「重り」があっても、重りが置けませんのでご注意ください。

「A看板+ベース+重り」をご検討中の方は、「A型看板セット」がお得です。

転倒防止には何キロの重りが必要ですか?

大変よくいただく質問ですが、一概にはお答えできません。20キロで2回の台風に耐えたというお客様からの報告をいただいたことがありますが・・・当店では台風、強風が予想される時は、A型看板の撤去をお願いしております。

もちろん、重りを足せば足すほど安定しますが、その重りが重りベースから落ちてしまっては、意味がなくなります。

A型看板が飛ばされることがないように、十分注意してご利用ください。

商品のお申込みはこちらから

重しを乗せるには、別途「重しベース」が必要になります。

注水型重し

2,860 
WTK
在庫あり
+
ほしい物リストに追加
2,590 
A型看板用重しベース。重しを乗せるためのベース。注水型の重りA看板は別売り
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

ABOD
8,600 
お店の前の定番のA型看板。3サイズ。両面。風対策用重しあり。セットがお得なA看板
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

ABST
13,050 
A型看板本体、重し用ベース、重しのセット。合計金額から1000円割引き。
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

簡単にできる最強の転倒防止策

まず、A型看板に重しベースを置き、重しを乗せましょう。ここまでは必須とお考え下さい。

A型看板用の重しベース

「風」のことを考えると、最も怖いのは、看板が風で飛ばされて、人や物に当たってしまうことです。看板本体が傷ついたり、壊れたりしてもさほどダメージではありません。

この状態では、何らかの理由で、重しが重しベースから落ちてしまって、重りの役割を果たさなくなってしまう可能性もあります。

そこで、A看板と重りベース、重しを縛ってしまって、一体化しましょう。これなら安心ではないでしょうか?

一体型

縛る紐は、切れなければ何でも結構です。お試しください。

こちらもおすすめです

8,600 

お店の前の定番のA型看板。3サイズ。両面。風対策用重しあり。セットがお得なA看板

15,800 

エアー看板。空気を入れて膨らませるタイプ。付け替え可。

13,800 

軽量で2秒で開くディスプレイ。スポーツやイベントで活躍。スウィングバナーが一緒にある盛り上がります!

9,600 

重し一体型のプラスチックスタンド。屋外イベントに便利。屋外常設にも対応。プリント別途。定番のA型看板

5,500 

垂れ幕で屋外の壁面をディスプレイ。遮光ターポリンに印刷。吊り下げタイプ。

1,680 

工事現場、イベント会場用の看板。単管垂れ幕

最近チェックした商品